スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

私は洋裁の本を買って初めて作ろうと思ったのが何故かジャケットでした。どう考えても初心者が綺麗に出来る筈がないというのに、デザインが好きでどうしてもそれを作りたかったのです。
結果は完成するにはしましたが、納得のいく出来とは到底言えないものでした。ただ、ジャケットの特徴である襟が失敗したのかと言われると特にそういうわけでもなく、単純に洋裁の基本的な技術と知識の不足から綺麗作るコツをつかめていないという感じでした。洋裁本の説明も細かく指示があって分かりやすいタイプだったので失敗はしなかったのだと思います。
でも正直なところジャケットは襟を綺麗に出すのが初心者には難しいです。難しいですが出来ないわけではないので、好きなデザインで作ってみたい着てみたいと思うものがあったら尻込みしないでチャレンジしてみて欲しいと思います。
スポンサーサイト
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

スナップだと付けた場所が盛り上がってすっきりしないので、何か良い物は無いかなと探していた所“アメリカンホック”というものが見た目がすっきりしている事に気が付きました。
アメリカンホックって何?と思った方もいらっしゃると思います。私も最初これの名前が分からないまま「この止めるボタン使える!」と思っていて名前は結構後に知りました。
このアメリカンホックですが “留めた時の見た目がボタンでかつちゃんとボタンの役割を果たしてすっきりする”という私の願いを叶えてくれました。少し難点なのが小さい直径の物ほど薄い布地で無いと使えないという事でしょうか。冬物のコートは勿論、夏物の洋服でも接着芯が貼ってある所だと使えないのだと思います。
使う場所を選んでしまう可能性があるアメリカンホックですが、薄手のものにならなんでも使えますので、いつもと違うボタンを付けたい時に選択してみるのもあり
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

多重債務の恐ろしさ

2015/06/25 Thu 11:20

債務は、借金とほぼ同じ意味で使われる言葉だ。
正確には「特定の人(債務者)が特定の人(債権者)に対して、一定の行為(給付)をなすべき義務のこと」となる。
一般的な借金という話に限ると、銀行といったお金を貸す側は「債権者」となり、お金を借りる側は「債務者」となる。

多重債務という言葉がある。
金融業者からの借金の返済のために、他の金融業者から借金をするといった状態だ。
払えると思っていたはずの、住宅や車のローンが、不意の出費で払えなくなることもあるだろう。
多重債務のきっかけは「収入の減少」といったものが多いらしい。
しかし、ローンために借金を新たにすれば、多重債務に陥るかもしれない。
多重債務は、金利が複雑に絡み合い、思いがけない金額となる可能性もある。

多重債務に陥らないためには、収入に見合った、ローンの返済といったものも重要だ。
可能であれば、ローンの返済のプランを調整するという手もあるだろう。
場合によっては、車や住宅を手放すという、苦渋の決断も必要かもしれない。

多重債務が手に負えなくなってしまったら?
その時には、法テラスといった、法律の専門家に相談したほうがいいかもしれない。
手がつけられるうちに、自己破産といった大事にならないうちに、なんとかしたいものだ。
債務整理 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。