FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

多重債務の恐ろしさ

2015/06/25 Thu 11:20

債務は、借金とほぼ同じ意味で使われる言葉だ。
正確には「特定の人(債務者)が特定の人(債権者)に対して、一定の行為(給付)をなすべき義務のこと」となる。
一般的な借金という話に限ると、銀行といったお金を貸す側は「債権者」となり、お金を借りる側は「債務者」となる。

多重債務という言葉がある。
金融業者からの借金の返済のために、他の金融業者から借金をするといった状態だ。
払えると思っていたはずの、住宅や車のローンが、不意の出費で払えなくなることもあるだろう。
多重債務のきっかけは「収入の減少」といったものが多いらしい。
しかし、ローンために借金を新たにすれば、多重債務に陥るかもしれない。
多重債務は、金利が複雑に絡み合い、思いがけない金額となる可能性もある。

多重債務に陥らないためには、収入に見合った、ローンの返済といったものも重要だ。
可能であれば、ローンの返済のプランを調整するという手もあるだろう。
場合によっては、車や住宅を手放すという、苦渋の決断も必要かもしれない。

多重債務が手に負えなくなってしまったら?
その時には、法テラスといった、法律の専門家に相談したほうがいいかもしれない。
手がつけられるうちに、自己破産といった大事にならないうちに、なんとかしたいものだ。
スポンサーサイト
債務整理 | コメント(0) | トラックバック(0)
個人再生にかかる費用は、以下のようになります。
○個人でする場合
個人再生委員への報酬・・・約25万円
その他、収入印紙代、切手代など・・・約2万円

弁護士や司法書士の方に依頼すると、これにプラス、以下の費用がかかります。
○司法書士に依頼する場合・・・約20〜30万円
○弁護士に依頼する場合・・・約30万円〜50万円

ただし、司法書士や、弁護士に依頼した場合は、個人再生委員の方への報酬は、15万円に減額されます。で、個人再生にかかる費用を借金でお金がないのに、皆さん、どうして準備しているんでしょうね。身内に頼んで出してもらうか、法テラスなどに相談してローンで借りるか・・・等の方法が考えられます。

本当に、借金でくるしんでいるときに、個人再生にかかる費用を出してくれる人は、まさに”地獄にいる仏”ののような人でしょう。立ち直った後、こうした方に対する感謝を忘れないこと、それが、一番大事でしょう。

テーマ「ローンを借りるのは、生活を豊かにするため?それとも、崩壊させるため?」

カードローン、ATMで気軽にお金が借りることができるシステム。昔だったら、銀行へ出向き、何回も頭を下げて、やっとの思いでお金を借りていたのに・・・と亡くなった母が言っていました。気軽に、お金が借りられる分、様々な落とし穴、(これって自分で作っているのですが)があることを忘れてはいけません。

今、いくらぐらいお金を借りていて、そのくらいのペースで月々、返しているのか、いつも把握している必要があります。これが、できない人、そう、収入と支出のバランスが取れない人が多いので、借金返済に追い詰められている人が多いのだと思います。

そして、自分が作った借金なのに、あとで、まるで自分が悪くないような口ぶりで話す人、けっこういますよね。私、カードローンでお金を借りる時は、いつも自分の責任で返す。たとえ、困っても身内にでも、お金を借りないと決めて借りています。

そして、お金を借りられることに感謝を忘れないこと。貸してもらって当たり前では、ないのです。姿が見えなくてもありがとうございます。という気持ちと責任感の無い人は、いずれ自分の生活を崩壊させてしまいます。

自分の生活を助けるため、豊かにするためのローンであることを忘れないようにすること、大切ですよね。
債務整理 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。