FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

もうすっかりスマホやタブレットが普及して、一人一台が当たり前になってきています。

私の世代では「一人一台」と聞けばパソコンのことでした。

一昔前はパソコンの操作すら危うくて、最近ようやく一通り扱えるようになってきたのですが…。

どうやら時代は待ってくれないみたいで、次はタブレットを使いこなせるようになりたいと思い始めました。

スマホでもいいのですが、スマホだと画面が小さくて老眼には厳しいのです。

なので、画面の大きいiPadなどのタブレット端末の方が、私のような年寄りには向いています。

それにパソコンやタブレットなどの最新機器を使いこなせたら、なんとなくスマートだしカッコよさそうだなぁと密かに思ってます(笑)

注意!タブレットだけ買っても外でインターネットはできない



タブレットを購入しようと考えていたのですが、どうやらタブレットだけを買ってもスマホのようにどこでもインターネットに接続できるわけではないようです。

というわけで最近になって使いこなせるようになったパソコンで、タブレットをインターネットに接続するやり方を調べてみることに。

すると、そのやり方は大きく2つあるそうです。

それが、docomoやSoftBank等のキャリアと直接契約する方法と、タブレットとネットの回線を別で購入する方法です。

どちらがいいのか調べていくと、前者のキャリアとの直接契約にはちょっとした落とし穴があることがわかりました。

「タブレット0円」のカラクリ



よく家電量販店で「タブレット0円」「パソコン・タブレットが実質無料」と謳っている広告を見かけますが、私は以前から怪しいと思っていました。

普通に考えて、お店がタダで高価なタブレットを配るわけがありません。

0円だと言って売っているタブレットも、契約して月額使用料を払い続けると、結果的にタブレットを普通に買うよりも多くお金を払うことになるのです。

このことを「タブレットを無料で買って使っている」と自慢していた友人に教えたら、唖然としていました(笑)
昔から言うように「ただより高いものはない」というわけですね…。

タブレットを賢く使うには、モバイルルーターが良い!



タブレットを無料で貰えるなんて都合のいい話はありませんね。何をするにも少し調べてからのほうが、賢い選択ができるのかもしれません。

今回、私もタブレット無料につられずに、契約前の注意点を勉強できてよかったです。
(参考にさせて頂いたサイトはこちらです→タブレットをインターネットに接続する方法)

私はまだタブレットを持っていませんが、先にウェブサイトでインターネット回線の契約だけでもしておこうと思っています。

タブレットに関しては、実物を見て触ってじっくり選びたいのでお店に行って気に入ったモノを買うつもりです。

さてさて、これで時代に取り残されずについていけるといいのですが…(笑)
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

1万円

2017/09/22 Fri 14:45

息子は真面目で仕事などサボった事はない。
黙ってもくもくと手を動かすような人間だ。

高校を出て貴金属加工の工場に勤めていた。
就職したばかりの頃は景気が良く、給料もボーナスも高卒とは思えないくらいもらっていた。

バブル崩壊後、貴金属業界はかなり厳しくなった。

それでも息子は真面目に働いていた。
給料が下がっても文句を言ったり仕事を変えたりするようなことは一切しなかった。

年を取ってからの子供なので、私たち夫婦はその頃はすでに年金生活だった。
息子が月々食費として家に入れてくれる3万円も貴重な収入だった。

ある時、息子が「会社をリストラされた」と言った。
まだ39歳。すぐに仕事が見つかると思ったが、無口で口下手な息子は、なかなか仕事が見つからなかった。

私たちも年金でギリギリの生活なのが息子も分かっているので、私たちにお金の無心をした事は一度もない。

しかし、先日、息子が私に言った。「お金を貸してほしい。1万円でいいから…。」

使い道を聞くと、リストラされる前から消費者金融でお金を借りていたらしい。

私たちに3万円を渡すために。

でも給料はどんどん減り、ボーナスなどずっと前からもらえず、お金を返せなくなっていったと。

借金は100万を超えてしまった事。
仕事も決まらないので、自己破産の申立てをすることにし、その予納金の1万いくらかを支払うのに、貸してほしいとのことだった。

その時の息子の手元の現金はたった3400円だった。

私はいざという時の為にとっておいた3万円の封筒から2万円息子に渡した。

息子は翌日「足りたから…」と1万円返してくれた。

息子は自己破産し、外に出るのが苦手だったのに今では警備の会社に勤めている。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

私は洋裁の本を買って初めて作ろうと思ったのが何故かジャケットでした。どう考えても初心者が綺麗に出来る筈がないというのに、デザインが好きでどうしてもそれを作りたかったのです。
結果は完成するにはしましたが、納得のいく出来とは到底言えないものでした。ただ、ジャケットの特徴である襟が失敗したのかと言われると特にそういうわけでもなく、単純に洋裁の基本的な技術と知識の不足から綺麗作るコツをつかめていないという感じでした。洋裁本の説明も細かく指示があって分かりやすいタイプだったので失敗はしなかったのだと思います。
でも正直なところジャケットは襟を綺麗に出すのが初心者には難しいです。難しいですが出来ないわけではないので、好きなデザインで作ってみたい着てみたいと思うものがあったら尻込みしないでチャレンジしてみて欲しいと思います。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

スナップだと付けた場所が盛り上がってすっきりしないので、何か良い物は無いかなと探していた所“アメリカンホック”というものが見た目がすっきりしている事に気が付きました。
アメリカンホックって何?と思った方もいらっしゃると思います。私も最初これの名前が分からないまま「この止めるボタン使える!」と思っていて名前は結構後に知りました。
このアメリカンホックですが “留めた時の見た目がボタンでかつちゃんとボタンの役割を果たしてすっきりする”という私の願いを叶えてくれました。少し難点なのが小さい直径の物ほど薄い布地で無いと使えないという事でしょうか。冬物のコートは勿論、夏物の洋服でも接着芯が貼ってある所だと使えないのだと思います。
使う場所を選んでしまう可能性があるアメリカンホックですが、薄手のものにならなんでも使えますので、いつもと違うボタンを付けたい時に選択してみるのもあり
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

多重債務の恐ろしさ

2015/06/25 Thu 11:20

債務は、借金とほぼ同じ意味で使われる言葉だ。
正確には「特定の人(債務者)が特定の人(債権者)に対して、一定の行為(給付)をなすべき義務のこと」となる。
一般的な借金という話に限ると、銀行といったお金を貸す側は「債権者」となり、お金を借りる側は「債務者」となる。

多重債務という言葉がある。
金融業者からの借金の返済のために、他の金融業者から借金をするといった状態だ。
払えると思っていたはずの、住宅や車のローンが、不意の出費で払えなくなることもあるだろう。
多重債務のきっかけは「収入の減少」といったものが多いらしい。
しかし、ローンために借金を新たにすれば、多重債務に陥るかもしれない。
多重債務は、金利が複雑に絡み合い、思いがけない金額となる可能性もある。

多重債務に陥らないためには、収入に見合った、ローンの返済といったものも重要だ。
可能であれば、ローンの返済のプランを調整するという手もあるだろう。
場合によっては、車や住宅を手放すという、苦渋の決断も必要かもしれない。

多重債務が手に負えなくなってしまったら?
その時には、法テラスといった、法律の専門家に相談したほうがいいかもしれない。
手がつけられるうちに、自己破産といった大事にならないうちに、なんとかしたいものだ。
債務整理 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。